Entries

スポンサーサイト

経営戦略を考える

経営戦略 = 全社戦略 + 事業戦略 の構図で成り立っている。経営理念とは、中長期にわたって達成したい使命や存在意義、ビション、将来像、夢、理想などと、保持したい価値観、大切にしたいこだわりなどを合わせた本質的な理念である 経営戦略を考えるポイント(1)ドメイン(2)コアコンピタンス(3)キャッシュバランス 事業戦略(自社分析+環境分析=SWOT分析) は「切り口」と「考え方」で考える。 「切り口(思考ツール)」...

『原理・原則』

経営の3本柱に、原理原則・意識改革・コンセプトの追求があります。原理・原則は普遍性を持ち、時代・場所を問わず、戦略が変わっても、業種が変わっても、経済事情が変わっても、原理・原則は変わりません。原理・原則は我々の人格を向上させ、心を深く満足させるものです。もう一度、原理・原則に沿った生き方をしましょう。周りの状況が変わろうと、我々の生活に安定した方向性を与えてくれます。...

『管理職の三大任務』

管理職には大別すると三つの任務があります。1.業績の向上2.部下の育成3.関連情報の収集です。業績の向上は多くの人が意識していますが、部下の育成、関連情報の収集がおろそかなる場合があります。部下の育成が出来ない理由に、1.自分でやったほうが速い2.危なっかしくて任せられない3.仕事の納期に間に合わない4.部下にやる気がない5.管理職自身が具体的な作業をしていないと落ち着かない6.教えている余裕がない等の理由がありま...

事業の目的は「顧客の創造」です

事業の目的は「顧客の創造」です。それは自社中心でなく、顧客中心に事業を発想しなければならないということです。私たちは自社の技術や製品から事業を発想することに慣れています。たとえば、「わが社にはこういう技術があるから、こういう製品をつくろう」と考えがちです。しかし、「こういう顧客を創造するために、こういう製品をつくろう」というマーケットインにすることです。このように、事業を顧客から見ること、顧客にと...

環境変化に適合することが経営のポイント

会社の内部だけにいては環境の変化をつかめません。積極的に外へ出て現場の実態をつかみ、視野を広く持つことが大切です。企業も人も、社会に基盤をおいて生きているのです。企業活動は社会から資本や人という資源をあずかり、それを自社の資源(技術や設備、システムなど)と結合させて、製品やサービスという形で社会に提供しているのです。当然、環境変化に適合することが経営のポイントになります。...

Appendix

プロフィール

楽天主義者

Author:楽天主義者
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。