FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

英語ジョーク(15番)

ある男が、高い木のフェンスで囲まれた精神障害者の施設を通り過ぎると、中から人々の集まりが「15!15!15!」と大声で繰り返しさけぶ声を聞いた。男は何が起こっているのか知りたくて、フェンスに穴を見つけ中を覗いた。すると突然、中から誰かが彼の目をつついた。男が目をつつかれた反応もしないうちにフェンスの中の人たちは言い始めた・・・「16!16!16!」...

英語ジョーク(クリスマスプレゼント)

ティムとフランクはクリスマスについて話していた。「クリスマス奥さんに何をあげるかもう決めた?」とティムがフランクに聞いた。「決めたよ。」とフランクは答えた。「ダイアが入っている物が欲しいって彼女に言われたから、トランプを買ってあげたんだよ。」...

英語ジョーク(確かに)

英語教師のスミスがトミーに「確かに」という言葉を使って文を作りなさいと言った。トミーは困惑した表情で、しばらく考えるとスミスさんに尋ねた。「あのぉ、すみません・・・オナラに塊はありますか?」「あるわけないでしょ、トミー!」と先生がショックを受けながら答えた。「それじゃあ」とトミーが続けた。「僕、今確かにパンツにウンコしちゃった。」...

英語ジョーク(連勝)

ブロンドの女性がカジノに入り、自動販売機を見つけた。彼女がお金をいくらか入れると、1缶のジュースが出てきた。彼女は微笑み、お金をどんどん入れ続けると、ジュースの缶はどんどん出続けた。1時間くらいジュースを買い続けると、カジノの従業員が来て、「もう十分じゃないですか?」と尋ねた。彼女は言い返した。「ほっといてよ!勝ち続けているのが分からないの?!」...

英語ジョーク(自動車事故)

道路は交通事故でふさがれていた。たくさんの人集りが出来ていて、ぜひ記事にしたいと強く願う一人の若い新聞記者は、事故現場に近づくことが出来なくていた。彼は頭を働かせて、大きな声で叫んだ。「すみません!通してくださーい! 私は被害者の息子でーす!」人だかりは、彼のために道をあけた。車の前に横たわっていたのは、ロバだった。...

魚釣り・感謝

●釣れないときは魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。 【ヘミングウェイ/小説家】●つらいことが多いのは 感謝をしらないからだ 【石川洋/燈友会願主】...

ジョージ・ワシントン

ジョージ・ワシントンが大統領に選ばれた当時、フランスには王がいて、ロシアには皇后がいて、中国には皇帝がいて、日本には将軍がいた。...

Appendix

プロフィール

楽天主義者

Author:楽天主義者
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。